Home • ウェブ制作する際、必ずそれを利用する人のことを3つ考えなければならない!

ウェブ制作する際、必ずそれを利用する人のことを3つ考えなければならない!

 - 

価値あるものを提供しよう

ウェブ制作する際、ただ作るのではなく、それを利用する人に価値を提供することが考える必要があります。利用することで得られるものは何か、何を知ることができるのかを考え、その上で制作することが大切です。注意しなければならないことは、技術的にことばかりにこだわり、中身がなくなってしまうことです。中身がなければ誰も利用せず、ただ放置されるだけの存在になり兼ねません。だから、利用する人のことを考え、何を感じるのかを予想して制作しましょう。

分かりやすいサイトになっているのか

どれだけ良いウェブサイトを制作しても、使いづらい、見づらいものでは誰も利用しようとは思えません。パッと見たときに何がどこにあるのか分かれば、また利用したいと思われるでしょう。そのためには複雑にするのではなく、むしろシンプルな作りにし、利用者が困らないようにすることが必須です。最新の技術を使うことで、カッコ良いものはいくらでも制作可能ですが、その分複雑になりやすいので注意しなければなりません。分かりやすさを考え、最新技術を応用しましょう。

利用する人の年齢を考える

ウェブサイトを利用する人がどんな人なのか、年齢はいくつなのかを考えることが大切です。若ければ、多少複雑にしても問題なく利用するでしょう。しかし、年寄りを対象とする場合は、シンプルである必要があります。だから制作する場合は、利用者のことをしっかり考えなければなりません。誰もが利用できるものと考えると、対象が定まっていないため、内容がブレてしまう可能性があります。飽きられる、あるいは拒まれる可能性があるので、必ず利用者を考え、その利用力を予想しましょう。

コーディングとはサーバやパーソナルコンピュータ上で動作する様々なプログラムを書く行為のことを指します。