Home • インターネットのの誹謗中傷が少なくならないポイント

インターネットのの誹謗中傷が少なくならないポイント

 - 

容易に書くことが可能な形式が原因

今の時代、ネットに関係した問題になっている誹謗中傷は、そう簡単には克服できない問題といえます。中には無実の情報もたくさん見られ、冤罪被害になっているタレントや一般の人々もいるのが現在の状態です。中傷の投稿が増加し続ける要因としまして、まず第一に、書き込みの簡便性が挙げられます。ネットに繋がるパーソナルコンピューターやスマートフォンを持ち合わせていればどんな人でも書き込めるのがインターネット掲示板です。手っ取り早く自分の考えを自由自在に発信する仕組みになっているので、中傷も容易に書き込めます。

匿名性が挑発的にさせます

それから、インターネットの掲示板の匿名性が挙げられます。たくさんの掲示板は、プライバシーの情報を申請登録する必要もなく素性をいわなくても書き込めるわけです。そのため、問題投稿の前後関係や投稿者が明白にならず、問題投稿を怖がらずに実施する方が増加します。仮に、どんな人が送信したかが速攻で判れば、中傷する人の数が少なくなっていくと言えます。こうした匿名性が、攻撃性を増加させ、挑発的な意見が現れてしまう原因になっています。

国の法律制度が構築されていない面があります

それから、国の法律の規制があります。インターネットの中傷で現実の上で被害にあった場合でも、特定し訴訟するには数多く難しい壁が見られます。法律が整備されていない事も1つと言えます。過去ネット犯罪に向けての法律はそれほど重んじられてこなかったことから、法律規制は不十分といえます。以上のような着目点がインターネットの中傷を克服できないキーポイントとなる点といえます。裏を返せば、こうした点を修正したら大きく問題の克服に向かうと言えるので、早急に見直されることが期待されます。

ネット誹謗中傷を行うと、訴えられるというケースも実在しています。ネットだからといって、安易な気持ちで書き込みを行わないことが大切です。