Home • パーツを入れ替えればまだ使える!ジャンクパソコンの有効活用

パーツを入れ替えればまだ使える!ジャンクパソコンの有効活用

 - 

購入して10年経っているPCが壊れたら買い換えよう

既にパソコンを持っていて、それが壊れた場合、修理するか買い換えを行うかということになります。利用期間が10年近いようなものであれば、確実に買い換えた方がいいでしょう。というのは、現在のパソコンは省電力化が進んでいて、古いパソコンに比べて何倍もスペックが高いにもかかわらず、消費電力は少ないということが珍しくないからです。また、メーカーの修理費はパーツの市場価格を反映するとは限らず、今では数千円程度で購入できるパーツの交換費用が数万円になってしまうこともあります。

購入後5年程度で壊れたPCはパーツの入れ替えがお得

ただ、購入してから10年はたっていないものの、5、6年は過ぎていてメーカーが定めた無償の修理期間はとっくに終わっているパソコンが壊れた場合は、まったく同じ機種をインターネットオークションなどで購入して、壊れたパーツだけを入れ替えて使い続けるという手もあります。この方法であればメーカーに対して修理の技術料を払わずに済みますし、スペック自体はまだまだ現役でも通用する可能性が高いので、新品と買い換えるよりも安く済むからです。

部品取りに利用できるジャンクPCの選び方

では、ネットオークションでジャンク品を購入する場合、どういったことに注意して選べばいいのでしょうか。まず、ジャンク品は基本的に正常動作しないものと考えるようにしましょう。どのパーツに問題があるのか、売り手が明かしているものがお勧めです。人から譲ってもらったと書いてあるものは、売り手もどこに問題があるのかわかっていないことが多いので、避けた方がいいでしょう。一番確実なのは入れ替えたいパーツが正常動作していたかどうかを、入札前に売り手に確認することです。

パソコンはパーソナルコンピュータの略称である為、デスクトップやノート型以外もそう呼ぶことが出来ます。つまり、タブレットやスマートフォンも含まれます。